亜麻仁油とえごま油の違いって何?

近年、健康オイルとして話題になっている亜麻仁油とえごま油、

似たようなものだと思っている方も多いでしょう。

どちらもあまり聞き慣れない油なので、混同してしまっている
方も多いかもしれません。

では、亜麻仁油とえごま油の違いって何なんでしょうか?

■亜麻仁油とえごま油の違いとは?

亜麻仁油とえごま油、どちらも健康オイルですが、名前が
違う様に、それぞれ違った特徴を持ち、決して同じもの
ではありません。

では、亜麻仁油とえごま油、どう違うのでしょうか?

まず、亜麻仁油ですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の
2種類の食物繊維をバランス良く含みます。

これらの食物繊維の働きで、便の量を増し、腸の蠕動運動を
刺激して、便通リズムを整えてくれるのです。

そして、エゴマ油にも、食物繊維が含まれますが、
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の含有率が違います。

食物繊維の量で言うと、亜麻仁油の方が多く含まれている
ので、便秘の方には、どちらかと言うと亜麻仁油を
選ぶのがお勧めです。

■それぞれの特徴

健康オイルとして知られる亜麻仁油とえごま油、
どちらも健康に良いオイルということは間違いありません。

でも、どこが違うか知れば、自分に適したものを
選ぶことができるでしょう。

亜麻仁油とえごま油が健康に良いと言われているのは、
オメガ3のα-リノレン酸が多く含まれるからなんです。

α-リノレン酸の量で言ったら、産地などにもよるかも
しれませんが、どちらも同じくらいの量を含みます。

そして、亜麻仁油にもえごま油にも、ポリフェノールが
含まれます。

亜麻仁油には、リグナンという腸内細菌によりとても
パワフルな抗ガン物質に変わる成分が含まれます。

リグナンは、免疫システムにも働きかけてくれることが
分かっています。

一方、えごま油の方には、ルテオリンとロズマリン酸が
含まれています。

ルテオリンには、抗炎症作用や抗酸化作用、抗アレルギー作用
があります。そして、ロズマリン酸には、ダイエット効果も
期待できます。

亜麻仁油とえごま油、どちらも豊富にα-リノレン酸と
ポリフェノールが含まれますから、違いは、亜麻仁油の
方が食物繊維を多く含むという点くらいでしょうけれど、
どちらかと言えば、亜麻仁油の方が人気が高いようです。

どちらも体に良いので、1日交代で摂取するのも良いかと
思います。

亜麻仁油を選ぶ方、えごま油を選ぶ方、どちらもいらっしゃる
でしょうけれど、どちらも酸化しやすいオイルなので、
食べる前に、できあがった食事にかけて摂るということが
大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です